SLL(スーパーロングランス)! 東京発・槍ヶ岳日帰り山行【下山編】

平成26年7月22日(火)、日帰りで北アルプス・槍ヶ岳へ行って参りました。

コースは、新穂高温泉を出発、槍平ルートを登って槍ヶ岳山頂へと至り、槍沢ルートを用いて上高地まで下山するという、槍・穂高連峰を包囲する様なコースです。

総歩行距離33.2km、登高標高差2,090m。
行動時間15時間超のロングトレイル、続いては【下山編】
槍ヶ岳山頂から下山しようとする鰻に、槍沢カールの大雪渓が立ちはだかります。

【登山編】こちら




【下山開始】

12時25分。雲が出て少し薄暗くなるなか、槍ヶ岳山荘へと降りはじめました。
槍ヶ岳は剱岳などと同じく、登り下りでルートを分けているのですが、登りルートと下りルートに難易度の差はなさそうです。
c0124076_21284372.jpg


12時50分、槍ヶ岳山荘着。
食堂でカレーライス(1,000円)を注文し、下山ルートを考えます。
具沢山で美味。
水の供給を天水に頼る山頂の小屋ならではの宿命か、お茶のお代わりが出来ないのは致し方ない事です。
c0124076_21413787.jpg


【下山ルートの検討】

上高地のタイムリミットは19時30分。
山荘での休憩を40分と考えても、6時間以内に下らねばなりません。
槍ヶ岳山荘から上高地BTまでの標準コースタイムは8時間。
ルート状況によっては、それ以上掛かることもあり得ます。
一方、新穂高側ルートは標準コースタイムでも5時間30分。
多少遅れたとしても、十分に日没前に文明圏内へ帰還できます。
なるほど、①新穂高ルートのピストンが大半を占める訳だ、と合点がいきました。

今回は雉撃ち騒動と、槍ヶ岳山頂への順番待ちで、想定より1時間程度の遅れが生じています。
しかし、それを差し引いて想定通りの行動時間であったとしても、標準コースタイムより短い時間で下山できなければタイムリミットに間に合わない、というストレスには晒されます。
確かに精神的負担を考えれば、①新穂高ルートのピストンが合理的なのです。

では、目下の状況で②上高地への槍沢ルートの下山は不可能なのか。
そうでもありません。
槍ヶ岳山荘での休息を13時30分に切り上げるとしましょう。
標準コースタイムで新穂高温泉を出発して、槍ヶ岳に登頂し、槍ヶ岳山荘に着くのは10時間30分後です。
新穂高温泉を出たのは朝の4時でしたから、標準コースタイムでは14時30分、1時間以上後に、この場所に立っていることになります。
つまり、目下の状況、いくらかトラブルが生じた状態においても、標準タイムに対する優位性は揺らいでいないのです。
あとは、天候と私自身の体力、登山道の状況を総合的に考慮して判断すべきことと申せましょう。

まず天候ですが、多少雲があるものの、強風を伴う寒冷前線や雨雲の接近は無し。
夏の槍穂高連峰の風物詩、15時ごろからの雷雲の発生までも時間があり、十分稜線より下へ退避できます。
次に私自身の体力。
脂汗をかくような腹痛は雉撃ちと共に姿を消し、至って良好です。
ペース乱れによって生じた疲労感についても、40分休めば一定の回復が見込まれることでしょう、
水分についても、あと1リットルの残量があり、水場のある槍沢キャンプ場までは保つと思われます。

問題は登山道の状況です。
今年(平成26年、2014年)の北アルプスは、梅雨における降雨量が少なめでした。
降雨は雪解けを促す働きをします。
それが少ない今年は、例年に比べて雪解けの速度が鈍化し、特に谷が深い②槍沢ルートでは残雪が多くありました。
7月22日現在、槍沢には標高2000mから2800mにかけて実に標高差800m、白馬大雪渓(標高差600m)を超える日本最大級の雪渓が形成されていました。
これを下らねばならないのです。


登山前日の情報収集では、②槍沢ルート登山道はところどころ夏道が復活しつつも、かなりの割合で雪渓を通る構成になっているとの事でした。
果たして傾斜がどれくらいのものか、夏道(通常の登山道)の割合はどれくらいか、ピッケル・アイゼンなしでも下降できるか、最新情報を手に入れなければなりません。
早速、槍ヶ岳山荘のベテランと思しきスタッフに質問しました。
それによれば、「傾斜の最大角は40度を超えるが、こういった雪渓にたいしてはトラバース(横ばい)ルートを揃ってある」、「雪渓上のルート選択にもよるが夏道半分、雪渓半分」、「ピッケル・アイゼンなしでも不可能ではない。ただしストックでの加重バランスの維持は必須。徒手空拳では推奨できない」との事でした。

幸いにして、というべきか。私の手には右手用と左手用、二本のストックがありました。
しかも、ダウラギリ(8,167m)登攀に使われる様な代物が。
危険箇所にトラバースルートが揃ってあり、夏道半分、雪渓半分、道具も最低限は装備している。
これならば、標準コースタイムから大きくずれ込む事は少なそうです。
あとは大曲以降の傾斜のゆるい登山道で、時間差を詰めていく。
もし最終のタクシーに間に合わない場合は、上高地BTでビバークし、釜トンネルが開放され次第、東京へ戻る。
その場合でも、23日(水)12時までには帰京が可能である。

以上の諸事情を勘案し、私は予定通り②槍沢ルートによる上高地への下山を判断しました。
標高差1,585m、水平距離18.9kmのクライムダウンです。
右側、下方に見える赤い屋根が殺生ヒュッテ。
13時30分に槍ヶ岳山荘を出発し、まずはガレ場を下っていきます。
c0124076_2311031.jpg


【槍ヶ岳山荘から天狗原分岐】

流石はメジャールートと言うべきでしょうか、殺生ヒュッテへのガレ場の道はよく踏み込まれており、石の角が取れて丸くなっているため、歩きやすい道となっていました。

13時50分、殺生ヒュッテ(2,860m)を通過。
時間節約のため、勢いを止めることなく降りていきます。
ヒュッテの脇には、明星高校の諸君のテントでしょう、同程度のサイズのテントが並んでいました。
c0124076_23155395.jpg


そして、標高は2800mを切り、槍沢雪渓へと突入します。
上から見ると、こんな感じ。
いまからこの純白の道を歩んでいくのです。
c0124076_2321326.jpg


とは言え、上部において雪渓は点在する程度で、大きな岩の露出した夏道を縫うように進んでいきます。
c0124076_23512081.jpg


14時10分、坊主岩小屋(播隆窟、2,660m)を通過。
文字通り、槍ヶ岳を開山した播隆上人が参籠した岩窟です。
なんでも53日間も滞在したとか。
c0124076_23593584.jpg


この辺りから、本格的な雪渓がはじまり、雪渓に設けられたトラバースルートを通過していきます。
この写真の雪渓の傾斜角は30度程度。
もちろん足を踏み外せば真っ逆さまです。
トラバースルートが切られて居ない場合、ピッケル・アイゼンなしでの下降は不可能だったことでしょう。
両手のストックを用いて、体重を平衡にかけつつ通過しました。
c0124076_23594265.jpg


しばらく急な下り坂が続きます。
14時50分、天狗原分岐(2,348m)を通過。
ちょうど槍沢雪渓の中間地点です。
南岳へ抜ける天狗原方面の登山道も、途中、何箇所か大きな雪渓を越えており、一部が融解して滝のような水流を形成している様子が見受けられました。
通過には注意が必要そうです。
これ以降、天狗原分岐から大曲まで、多くの夏道が消えており、基本的には雪渓の上を歩いて降りていきます。
標高差300m、殆ど逃げ場はありません。
c0124076_044657.jpg


【槍沢雪渓核心部にて】

雪渓の通行において、気を配るべき第一のものは、もちろん滑落ですが、他に二つの点に注意する必要があります。
一つは落石。

雪が音を吸収し、衝撃音がしないため、近くに来るまで検知できないのです。
落石のサイズにもよりますが、万が一、当たってしまった場合は良くて骨折、悪ければ死亡。
落石の発生自体は避けられませんので、出来るだけ早く発見をして回避行動をとるべく、通常の登山道に倍する周辺警戒が必要となります。
もし落石を発見した場合には「らーく!」と叫ぶことで、落石を周囲に知らせ、事故を回避することが期待されます。
写真は天狗原分岐から大曲へ至る雪渓を通行中、雪渓上部を見上げたもの。
画面中央や右側など、ところどころに落石があるのが見受けられましょう。
現に、私が歩いている際にも枝沢で落石が発生していました。
c0124076_0184556.jpg


雪渓の注意点、今一つは踏み抜きです。
特に今回のような雪解けの時期に顕著なのですが、一見、谷を覆っている様に見える雪渓の下では、雪が溶け始め、雪渓の下に大きな水流が形成されつつあります。
つまり雪渓は上からの大気熱による融解、下からの雪解け水による侵食の双方にさらされ、もろくなっているのです。
写真は水沢界隈の雪渓の断面を撮影したもの。
雪渓の下に空洞が形成されている様子がご覧いただけましょう。
c0124076_02509.jpg


こうして脆くなった雪渓を踏み抜いてしまうと、雪渓の下を流れる水流に落ちてしまい、最悪の場合、溺死または窒息死してしまいます。
これを避けるためには、水音のする場所は回り込み、またストックなどを用いて足場の丈夫な場所を選んで進む必要があります。
基本的に水は沢の中央を通りますので、沢、つまり雪渓の中央は脆くなっている事が多いです。
そのため雪渓の中央は避け、気持ち端よりに歩く必要があります。
多少時間がかかるかも知れませんが、命大事に。
雪渓の通過時間を標準コースタイムと同程度と見積もった理由です。
やはり、アイゼンなどがあると登り下りともに重宝するものと思われます。
写真は槍沢カールを標高2,200mあたりから見下ろしたもの。
雪渓全体の規模はこの8倍以上あります。
c0124076_0353237.jpg


15時30分、雪渓の終着点、大曲(2094m)に到着。
文字通り、槍沢が上高地方面へ大きく曲がる場所にあります。
ここからは槍沢の傾斜が緩くなり、広い河川敷が展開されていきます。
写真は上高地方面の光景。先ほどの雪渓と同じ槍沢ですが、別の沢の様な穏やかさです。
右に横尾尾根を見ながら、梓川の左岸を南東方向へと進んでいきます。
c0124076_0401865.jpg


【大曲から横尾山荘】

大曲までは、標準タイムより30分短い時間で進むことが出来ました。
雪渓は危険箇所が多いため、これを避ける場合は水俣乗越を経由する喜作新道(東鎌尾根)コースが良いでしょう。
とまれ、タイムリミットまであと4時間。
標準タイム5時間30分のコースを1時間30分短縮して進む必要があります。

15時45分、槍沢キャンプ場(2,000m)に到達。
上高地バスターミナルまで残り15kmの地点です。
この時点で、水平距離では四分の一しか進んでいませんが、標高差では三分の二を消化しています。
近くの水場で水を補給し、先を急ぎました。
c0124076_058266.jpg


16時5分、槍沢ロッヂ(1,820m)。
午後からの下山ということもあり、すれ違う人も抜かす人もまばらな下山でしたが、この辺りから人の気配がぐっと濃くなります。
小屋前の槍ヶ岳望遠鏡を望むも、残念ながらガスの中。
明日、槍ヶ岳へ向かうという小屋の宿泊者の方とルート情報を交換し、5分ほど休憩をした後、出発します。
ひとえに快速進行です。
c0124076_1765.jpg


先ほどまで雪渓に覆われていた梓川も、すっかり広大な河原を持ち、豊富な水量を流しています。
これが安曇水系の水力発電所の原動力となり、ひいては関東甲信の電力の源になっていると思うと感慨深いものがあります。
c0124076_1121038.jpg


16時25分、一ノ俣出合(1,705m)。
大曲以降、概ね標準タイムの三分の二の時間で行動できています。
悪くありません。
c0124076_1152714.jpg


16時55分、横尾山荘(1,620m)。
この辺りまでくると、平坦な河川沿いの土地に、湧き水や池が点在し、堆積平野らしき風情が漂ってきます。
植生も針葉樹もあれば、広葉樹もあり、見飽きる事がないものです、
上高地まではあと11km。標高差は150mもありません。
雑木林に設けられた広い林道をすいすい進んでいきます。
写真は横尾大橋。
山頂周辺は雲が多かったのですが、丁度良く晴れて、手前の屏風岩から左奥の前穂高岳にいたるまで、穂高連峰が見渡せました。
c0124076_1241376.jpg


【横尾山荘から上高地バスターミナル】

ここがタイムの縮めどころ。雑木林の中をスタスタ歩いていきます。

17時40分、徳澤園(1,562m)通過。
周りは草原が広がり、気持ちのよい場所です。
結構な数のキャンパーで賑わっていました。

18時20分、明神館(1,530m)着。
上高地まであと3km、タイムリミット内の到着がほぼ確実となりました。
明神館には公衆電話があるため、宿の方に断って使わせてもらいます。
宛先は上高地BT内のタクシー配車センター。
19時ごろに伺う旨を伝えて、タクシーを手配してもらいます。
c0124076_1334887.jpg


槍ヶ岳山行の携帯電話事情ですが、
ソフトバンクは論外としても、auの携帯電話もつながらない場所が多々あります。
今回の山行でも繋がったのは槍平小屋周辺と槍ヶ岳山荘周辺のみで、上高地側の山小屋ではほとんど「圏外」表示のままでした。
そのため公衆電話の位置把握は非常に重要です。
ドコモですと若干不安定ながらも、つながる事があるそうです。

明神岳の鋭鋒を右目に見つつ、広い樹林帯を進んでいきます。
流石は夏というべきか、この時間でも森のなかでの視界は効き、河川敷に出ると明るいほどです。
ただしクマ除けのために、鈴とヘッドランプをつけて上高地へ向かいました。

18時55分、上高地・河童橋(1,505m)到着。
この時間ともなると人は出歩いていないかな、と思っていましたが、国際的景勝地の面目躍如。
河童橋周辺はそれなりの数の人が散歩しておりました。
外国人観光客も多し。
山頂付近は雲がかかっていましたが、奥穂高岳から西穂高岳、焼岳まで、山体を眺めることが出来ました。
河童橋周辺でストックを格納し、荷物を整理した後、上高地BTへ向かいます。
c0124076_1481261.jpg


19時10分、上高地バスターミナル(1,505m)到着。
配車をお願いした甲斐あってか、すでにタクシーは到着しており、そのまま乗車。
新島々バスターミナルまで40分ほどの行程です。

20時10分発の松本行きの電車に乗り込み、松本駅前の松本バスターミナルにて21時発の高速バス新宿行に乗り換え、日付が変わるころ、自宅に帰りつきました。
日帰り槍ヶ岳山行、これにて完遂です。


【山行を終えて】

総行動時間15時間、標高差2,090m、歩行距離33.2kmのスーパーロングランス。
夜の林道歩きに始まり、沢の渡渉、森林限界を超えた尾根の縦走、岩稜帯の踏破をもって山頂に達し、ガレ場の急傾斜、長大な雪渓歩き、堆積平野の雑木林を伝って、麓へと下る。
日本の山の魅力がこれでもかと言うほどに詰め込まれた、素敵なコースでした。

正直言って体力を使いますし、集中力を切らしてもいけません。
誰にでもオススメできるものではありませんが、一日でこれほど豊かな植生・自然に触れられる道もなかなか無いと思います。
こんなトレイル、如何でしょうか。


【余談】

雑学①
行きのタクシー内で聞いたのですが、「新穂高温泉」という名称の由来は中崎山荘にあるのだとか。
温泉開設時に中崎山荘の方が名づけたそうです。
その中崎山荘は現在、日帰り温泉として営業中。
ツムラの入浴剤の元ネタにもなった濃厚な乳白色の温泉の泉質は絶品だそうな。
無論、源泉掛け流し。
新穂高温泉の無料温泉「新穂高の湯」も河川敷にある雄大な混浴露天風呂でお勧めと聞きます。
清掃協力金をはずみたいところ。

雑学②
下山に使用した上高地・槍ヶ岳間の槍沢ルートですが、これ県道だったのですね。
長野県道279号槍ヶ岳上高地線。
現在では道路供用は廃止されているそうですが、いまでも歴とした県道(険道?)です。
長野県恐るべし。

山道具の話
今回の山行では、墺・コンパーデル社のZポール・CARBON EXPEDITION VARIO4を使用しました。
上段・中段にはカーボンを、最下段にはチタン合金を採用し、高い耐久性を備えながら1本219gという軽量性を併せ持っています。
少し収納時に気をつかうのですが、かばんに入れても支障のない優れものです。

優れものといえば、ヘッドランプは仏・ペツル社のティカRXPを使用しました。
重量115gという平均的なボディでありながら、最大光量215ルーメン、最大照射距離110メートルという探照灯と見紛うばかりの圧倒的なスペック。
極め付きは光センサーにより、ユーザーの視線に応じた光量調整・ビーム制御を行う、リアクティブ・ライティング機能です。
夜明け前の暗い森のなかでも、近くを見るときは弱めのワイドビーム、遠くを望む際は力強いスポットビームへとシームレスに切り替わり、通常時はミックスビームを照射して、10m程度の視界を維持してくれました。
どちらも少々値が張る道具ですが、十分、その値段なりの価値を有しています。
c0124076_11192723.jpg

[PR]
by katukiemusubu | 2014-07-31 02:53 | 登山・トレッキング・温泉 | Comments(1)
Commented by きょうこ at 2014-08-02 07:29 x
初コメです。実は家族のことで辛い思いをしてました。こちらのブログに巡り合えて「救われた」気持ちになれました。こんなこと言われても困っちゃいますよね?ごめんなさい。素敵なブログの管理人さんと仲良くしていただきたいなぁって… これ私のです↓

xxvcocovxx@ezweb.ne.jp

熱い日が続いてます。お身体ご自愛ください。
<< 青島文化教材社の山岳模型「やま... SLL(スーパーロングランス)... >>