沖縄、小笠原、国産コーヒーを求めて

平成26年(2014年)も年の瀬。
クリスマス・イブのぼっち日記だよ。




12月24日、休みであり、特に先約もなかった為、おとなしく自室で過ごそうかと思っていました。
しかし、年の瀬に余興がないのも忍びない。

そこで半日「国産珈琲探しの旅」に出ることにしました。
c0124076_134142.jpg


国産珈琲とは何か。
その名の通り、国内で生産されたコーヒーを言います。
ブラジルやホンジュラス、インドネシア等から輸入されたコーヒー豆のことではありません。
日本国内で栽培され、生産・焙煎されたコーヒー豆の事です。
純国産と言った方が良いかもしれない。

コーヒーノキは熱帯に自生する植物で、その栽培に適した地を「コーヒーベルト」と云います。
おおむね北緯25度から南緯25度の地帯です。
わが国は南北に広い国土を有していますから、この「コーヒーベルト」にも土地があります。
ど真ん中なのは日本最南端・沖ノ鳥島(北緯20度)。
ただこの島、御存知の通り非常にミニマムなので、農園を作るには向きません。
現実に栽培が行われているのは、沖縄県および東京都。
北緯26度あたりに位置する沖縄本島と小笠原諸島です。
他にも市販されてはいませんが、鹿児島県・徳之島(北緯27度)で自家栽培がなされています。

とは言え、「国内にコーヒー農園がある?そんな事、聞いたこともないぞ」と思われるのも無理はありません。
日本国内におけるコーヒーの年間消費量はおおむね40万トン(生豆換算)。
一方、純国産コーヒーの年間生産量は、生豆換算でわずか4トンに過ぎません。
400000トン対4トン。
全流通量の0.001%、もはや誤差の範囲内と言って良い数字です。
普通に飲んでいれば、10万杯のんでやっと一杯にありつける量ですから、まず出会ったことがなくて当然なのです。

ならば、能動的に探してみるに若くはなし。
とはいえ、沖縄本島も小笠原諸島も本州からは遠く、取り寄せとなると相当の日数を覚悟しなくてはなりません。
調べてみますと、東京都内において沖縄・小笠原の双方ともに純国産コーヒー豆を入手可能な場所があることが判明しました。
では、行くべし。四ツ谷を10時半に出発です。

10時45分ごろ、帝都高速度交通営団(東京メトロ)銀座駅に到着。
銀座にて沖縄県の名護珈琲を探します。

まずは腹ごしらえ、ということで「銀座 篝」へ向かいます。
銀座随一の人気を誇るラーメン店です。開店前でも15,6人並んでいます。
鶏白湯が有名ですが、煮干しベースのつけ麺も美味しく、今回は「特製つけそば」を注文しました。
1,100円也。
少々、高く感じられるかも知れませんが、御覧くださいこのトッピング。
c0124076_19191425.jpg

すべて国産の素材を用いた5種のトッピング。それぞれに丁寧な仕事がなされており、特にローストビーフは噛めば噛むほど旨味があふれ、ホテルメイドのそれにも負けない良さがあります。
これに、濃厚ながらもエグみは抑えられた香り高いつけ汁、ボリューム感のある三河屋製麺の太麺(大盛り無料)、スープ割りまでついて1,100円なのです。
むしろ、コスト・パフォーマンスが良いと言うべきかも知れません。

11時20分ごろ退店。
コーヒーにあう茶菓子、デメル(墺)のザッハトルテを探しに松屋へ向かいます。
先日シェフパティシエ・横溝春雄氏の番組をみて食べたくなったのです。
銀座3丁目の交差点まで来て、松屋の前を望むと、そこには歳末名物・救世軍の社会鍋。
c0124076_19335816.jpg

救世軍とは来年で創立150周年を迎えるプロテスタント系の互助組織です。
大正年間より「社会鍋」という名称で募金活動を行っており、銀座の風物詩となっております。
財布より野口英世氏に出征願って、鍋に投入。
クリスチャンの方から掛けられる「メリー・クリスマス!」の言葉は格別なものがあります。
地下の食品売り場で菓子を調達して、撤収。

さて、本題です。
中央区銀座に赴いた第一の目的は、国産珈琲の確保にありました。
沖縄本島・名護珈琲の確保。
沖縄県物産公社の経営するアンテナショップ「わしたショップ」へ向かいます。
銀座3丁目から銀座1丁目へ。
12時半ごろ現着です。
c0124076_19474412.jpg


国内最大のコーヒー農園「農業生産法人 有限会社 名護珈琲」(年生産3トン)のコーヒーを探します。
わしたショップの通信販売HPには掲載されており、店頭にもありそうですが・・・。
すると、発見。ありました。
c0124076_212319100.jpg

焙煎(中煎り)済みの豆コーヒー100g・1,080円と、更にそれを粉砕(中挽き)した粉コーヒー100g・1,080円が陳列されておりました。
100gというとだいたい10杯分。1杯の原価100円となかなかの価格です。

高級スーパー成城石井のオリジナルブレンドが500g・1,080円ですから、成城石井のちょうど5倍。
価格帯的には百貨店などが取り扱うスペシャルティコーヒーと同等といえましょう。
スペシャルティコーヒーとは品評会等で受賞するクラスの上等なコーヒーのことですが、この流通量は全体の1%ほどと言われています。
一方、国産コーヒーの流通量は国内の0.001%ほどですから、レアリティを考えればむしろ割安なのかも知れません。
また人件費の安いコーヒーベルト諸国にくらべ、日本の人件費は非常に高く、コーヒー1gを創りだすことにかかるコストを考えれば、決して法外に高いものとは言えないでしょう。
人件費の高さといえばアメリカも同様で、ハワイコナコーヒーが高価な理由はそこにあります。
ともあれ、購入。あとは淹れてみてのお楽しみです。

そして、次に探すのは小笠原珈琲。
千代田区丸の内にあるとのことで、向かいます。
途中、高架下の銀座君嶋屋などを覗きつつ、徒歩20分ほど。
新丸の内ビルディングに到着です。

小笠原コーヒーを扱うという「カフェ アパショナート(Caffe Appassionato)」はこの地下1階にあります。
スターバックスなどと同じくシアトル発祥のコーヒーショップ。
世界の上位5%のコーヒー豆のみを使用するという高級志向のお店です。
ブレンド一杯450円。

8坪程度の小さな店舗ですが、店内にはカウンターもありイートインが可能です。
少し面白くおもったのは抽出方法。
通常注文ですとマシンドリップの様でしたが、ハンドドリップを選択することも出来ます。
ハンドドリップの場合は、一杯730円とのこと。

メニューをみると・・・ありました、小笠原コーヒー。
数量限定の様です。
100%使用のものが930円、オーガニックブレンドが780円、プレミアブレンドが630円。
1杯1,000円というと、ペニンシュラホテルでコーヒーが飲めてしまいます。

予想はしていましたが、高い!
それもその筈。
小笠原コーヒー(野瀬農園)の年間生産量はわずかに0.2トン、200kgしかないのです。
国内流通量の0.00005%。
200万杯に1杯しかない、究極のレアリティを反映した価格付けとなっています。
高級志向とはいえ、コーヒースタンドで支払う事はめったにない金額です。
そうは言いながらも、注文。
100%使用のものについては、ハンドドリップで抽出してくれるとの事でした。

店内を見渡すとコーヒー豆も売っています。
その中には、小笠原コーヒーの姿も。
なんと10g・500円です。
100gではありません。10gです。つまりは1杯の原価500円。
コピ・アルク(ジャコウネコのフンから採る)の様な特殊な例を除き、世界最高の味わいを持つとされるジャマイカの「ブルーマウンテン」。
この原価が1杯400円ほどですから、小笠原コーヒーの原価の高さは驚異的です。
さきほど提供価格の高さに触れましたが、この原価に加えて、地代や人件費のことを考えると、1杯930円では殆ど利益が出ないでしょう。
なるほど限定数となる訳だ、と合点がいきました。

そんな事を考えている内に5分経過。
店員さんが淹れたての小笠原コーヒーを持ってきてくれました。
c0124076_2215437.jpg

では、一口。
「ほう」と思わず声が出るほどの滑らかな喉越しです。
よく「ベルベットの様な滑らかさ」という表現がありますが、小笠原コーヒーはそこまで重くなく、言うなれば「紗(うすぎぬ)の様な滑らかさ」。
さらりとした舌触りで、パッションフルーツを思わせる果実味がはじけたあと、そのフレーバーが鼻へと抜けていきます。
ミディアムボディというべきコクに、以外にも深いアロマ。
酸味はおだやかで、近いのはドミニカ産のコーヒーか。
正直に言って、味わいの点では、ブルーマウンテンの調和に敵わないと思います。
しかし、この滑らかさは特筆すべきもの。また飲んでみたくなるだけの魅力を有しています。
豆を買って、転進。

東京駅に入ると、いたるところに貼られている白いポスター。
例の100周年記念Suica騒動に関する詫び文の様です。
一枚撮影。
c0124076_23595249.jpg

中央線に乗って10分。
四ツ谷へ帰投しました。

自宅へ戻ってミルを挽き、早速、名護珈琲を淹れてみることにします。
中挽きにして、ペーパーを使ってハンドドリップ。
c0124076_05249.jpg

そして、一口。
またもや「ほう」。驚くべき滑らかさです。
沖縄本島と小笠原父島、緯度的には北緯26度と殆ど変わりませんが、経度的には東西1,400kmも離れており、相当の違いを予想しておりました。
同じアラビカ種、同じ無農薬栽培、同じ精製方法(ウォッシュド)ですが、まさか同じ様な喉越しをもっているとは。
こちらも「紗(うすぎぬ)の様な滑らかさ」です。
柑橘を思わせる果実味。

もちろん、異なる点もございます。
特に印象的だったのはコク(ボディ)の違い。
ミディアムボディの小笠原コーヒーに対して、名護珈琲はフルボティであり、豊かなコク、継続する余韻を持っています。
従って、フレーバーも鼻梁を突き抜ける様な具合ではなく、馥郁と口腔を満たす様な具合。
燻らすような塩梅です。
香りはそこまで立ちませんが、明瞭な酸味があります。
比較的ハワイ・コナに近い味わいです。
コナほどに強いコクと酸味を持っているわけではありませんが、豊かなコクと酸味がマイルドにまとまっています。

華やかなミドルボディの小笠原コーヒー(野崎農園)に、芳醇なフルボディの沖縄コーヒー(名護珈琲)。
似通った喉越しを持っていることに驚きましたが、どちらも日々の嗜好品として、十分な資質を備えたコーヒーです。
他国産コーヒーに比べるとどうしても高価になってしまいますが、それは致し方なし。
10万杯に1杯の国産珈琲、時には1杯いかがでしょうか。
[PR]
by katukiemusubu | 2014-12-25 00:57 | 珈琲、紅茶、エスプレッソ | Comments(2)
Commented by pii at 2016-07-27 15:15 x
こんにちは。
私は現在大学4年生で、卒業論文に必要なコーヒー豆の情報を集めております。
しかし、世界のコーヒー豆生産量は探すことが出来たのですが、日本国内の生産量がどうしても出てきません。

こちらの記事に記載されている「国内生産量年間4トン」という数字はどこからのデータなのでしょうか。
教えていただけますと幸いです。
Commented by katukiemusubu at 2016-07-28 22:41
pii様

こんにちは。
当ブログの管理人です。

残念ながら、国内のコーヒー生産農家には全国的な組織が存在せず、公式の統計データが存在しません。
その為、当記事に掲載した国内のコーヒー豆生産量は、私の計算した推計となります。

この記事を書いた平成25年当時、
国内最大の規模を持つ名護農園の年間生産量が2.5~3トン、
他に沖縄で小規模ながらコーヒーを生産する農家(ヒロコーヒーや玉那覇コーヒーなど)が二十軒ほど存在し、年間最大で500kgほどの収穫がございました。

また小笠原諸島には、
野瀬農園をはじめとする生産者がこれまた数軒あり、こちらも年間最大で250kgほどの収穫がございました。

徳之島や沖永良部島でも露地でのコーヒー栽培が試みられており、
それぞれ150kgと100kgの収穫があった旨、報道がございました。

また長崎県には温室を用いたコーヒー栽培を行う「スコーコーヒーパーク」が存在し、こちらも100kgほどの収穫がなされております。

「ほど」と曖昧な言い方になっておりますのは、日本のコーヒーの生産地帯は台風の通り道で、その年の気候によって収穫高が大きく増減するためです。

他にも国内では大分や徳島などで温室を用いたコーヒー栽培が試みられておりますが、まだまだ実験段階であり、収穫は100kg未満に留まる様です。

これら国内生産を合計すると最大で約4.7〜5.2トンとなりますが、
気候による変動を加味して、ざっくり「4トン」と記述することにいたしました。

もし今現在の国内コーヒー生産量をお求めでしたら、
主だった農園の皆さんに連絡をとり、事情を説明しつつ、年間生産高を教えてもらうことが有用な手段かと思われます。

国内最大の生産地・沖縄では「沖縄珈琲生産組合」(加盟農家28軒)が設立されましたので、こちらに伺ってみるのも手かも知れません。

国レベルでも地方レベルでも行政の統計が存在しないことは悩ましいですが、
生のデータを積み上げていくことで、公的な統計に近いデータが出せるのではないかと考えています。

ご参考になりましたら幸いです。
卒業論文、応援いたしております。
<< ユリ熊嵐 Location F... 復活のTechnics(テクニ... >>