速攻せよ!富士山日帰り登山6時間(吉田ルート)登山編

平成27年(2015年)6月15日、富士登山へ行って参りました。
吉田口五合目から頂上へ、お鉢巡りをした上で下山。
山開き前、静閑な富士山を行く6時間25分のトレイルです。

まずは登山編。
早朝に東京を発ち、公共交通機関を乗り継いで富士山五合目へ。
弾丸登山で吉田口山頂に達し、西側へお鉢を巡り、剣ヶ峰へと至る。
登高と考察の3時間55分です。
下山編はコチラ

※注意事項
一般に富士山の登山シーズンは7月中旬から9月上旬です
閉山期間中の富士山への入山は違法ではありませんが、開山期間中に比べて危険度の高い登山となります。
6月の平均風速は秒速10m超、頂上の平均気温は氷点下で、雪渓も存在します。
登山道は通行止めの措置が取られており、遭難事故が発生した場合には100%自己責任となります。
もちろん山小屋は一軒も開いておらず、助けを呼ぶことも容易ではありません。
事故や停滞に備えた装備や保険への加入、事前の登山届の提出を強くおすすめします。
参考:山の「立入禁止」をめぐる法学




c0124076_2284442.jpg

日本最高峰、標高3,776mの独立峰・富士山。
その秀麗な山容は、古来より多くの文物に記され、多くの人の信仰を集めてきました。
三つのプレート境界上に立つ火山という、自然科学的にみても稀有な存在であります。
平成25年(2013年)には世界文化遺産に登録され、知名度は増すばかりです。

さて、そんな富士山ですが、実は登ったことがありません。
富士山は眺めるもの、という印象があり、十数年来の登山趣味を持ちながら足を運ぶことがありませんでした。
しかしある日、東海道新幹線の車窓から富士山を眺めていた時のこと。
むくむくと登高意欲が沸き上がってきました、こんな美しい山に登らぬ手はないではないか。

調べてみると山開き前の残雪期、富士山の四つの登山口(吉田口・須走口・御殿場口・富士宮口)の内、中腹(五合目)まで路線バスが走っているのは吉田口と富士宮口の二つ。
中でも吉田口は毎日運行で、運行本数も多く、便利そうです。
2015年の富士山は、例年に比べて雪解けが早く、夏道の出具合も上々とのこと。
吉田口ルートからの往復登山を決め、登山届を提出しました。

6月15日午前6時、新宿発の京王線で高尾駅へ向かいます。
高尾駅ではJR中央線に乗り換え、大月駅(山梨県)に7時45分着。
大月駅から富士急行線に乗り換え、富士山駅(〃)に8時34分着。
富士山五合目(吉田口方面)行きの始発バスに搭乗し、9時45分、終点の富士スバルライン五合目バス停(標高2,304m)に到着しました。
気温12度、風速5m/s。

c0124076_21111023.jpg

富士スバルライン五合目の様子。
世界遺産登録の影響か、円高の影響か、7割方は外国からの観光客です。
各国の言語が飛び交い、喧しいこと限りなし。
休憩所で手洗いを借り、小御岳神社を遥拝。

富士山は大きく分けて四度の火山活動により形成されましたが、
そのうち最初の二回で形成された山をそれぞれ先小御岳、小御岳と言います。
ここ富士スバルライン五合目(河口湖五合目)は二つの小御岳の山頂に当たる部分です。
つまりは最古の富士山の山頂部分。
そこから最新の富士山の山頂へ至る吉田口ルートは、富士山十万年の時をたどる歴史旅行とも申せましょう。

五合目の喧騒を抜け、吉田口登山道との合流点・吉田口六合目を目指します。
c0124076_21401145.jpg

10時15分、登山口ゲート。文字通り冬季閉鎖中です。
ここを越えたが最後、何が起ころうが完全に自己責任の世界です。
最低でも積雪対策のアイゼン、荒天対策のハードシェル、停滞対策のツエルトの三種は入り用でしょう。
安易な立ち入りは決してお勧めできません。

c0124076_21515062.jpg

泉ヶ滝へ、車がすれ違えそうな広幅の道を行きます。
麓を覗けば、霞がかった河口湖。
上を見上げれば、厚い雲。
とはいえ日差しも見え隠れしております。
高度3,500mを越えた辺りで雲を抜けられるのではないか、と目算をつけました。

c0124076_2233857.jpg

10時30分、泉が滝分岐。
ここまでは下り基調の緩やかな道でしたが、ついに上りがはじまります。
分岐の標高は2,305m。富士山頂(剣ヶ峰)の標高は3,776m。
高低差1,471m。独立峰であるが故に、ひたすらに登りが続きます。
東京タワーを縦に四つ重ねてもまだ足らない。その標高差をひとえに稼ぐのです。

c0124076_22191160.jpg

10時45分、吉田口六合目(標高2,386m)。
気温12度、体感風速7m/s。
思っていたよりも雲が近いことに驚きます。
標高2,700mあたりは既に雲の中です。

山の天気は変わりやすい、とよく言いますが、独立峰ではその変化が特に顕著です。
富士山の様に何一つ遮るものが無い独立峰の場合、気圧の変化がダイレクトに変換され、強風と雲とを巻き起こすことになります。
風速1m/sごとに体感気温は1度低下。
さらに雲の中で雨にさらされれば、体感気温はいよいよもって低下し、あっという間に低体温症となり行動不能に陥ります。
荒天装備のハードシェルが必要な所以です。

見たところ雲の色は白。
雨粒を含んだ重い色をしておらず、おそらくは大丈夫であろうと思いましたが、念のためザックの上部にハードシェルを配置しておきます。
ついでトレッキングポールを組み立て。
槍ヶ岳日帰り時と同じく、コンパーデル製品です。

c0124076_224031.jpg

六合目を発って30分、11時15分ころ七合目の小屋群が見えてきました。
標高2,680m。予定通り雲の中へ突入します。

残雪期、公共交通機関を用いて富士山を日帰りするためには、概ね1.5倍の速力が必要です。
始発バスの富士スバルライン五合目到着が9時45分。
最終バスの富士スバルライン五合目発車が16時50分。
その間、7時間5分。
お鉢巡りを含めた吉田ルートの標準コースタイムは10時間45分ですから、
11時間を7時間のスピードハイクで詰めなければいけない、ということになります。

現在速力は約1.9倍。
このままのペースを保てれば2.5時間後には山頂に立てる勢いです。
とはいえ、私にとって高度3,200m以上は未知の世界。
高度障害の発生(高山病)を加味すると、もう少し詰めておきたいところではあります。

c0124076_2362732.jpg

幸いにして夏道(登山道)はその殆どが露出しており、これを頼りに歩みを進めます。
眼下には要塞を思わせる導流堤の連なり。
これによって落石を受け流すことが可能となり、落石防止技術は格段の進化を遂げました。
富士山の登山道整備に対するスタンスは山梨県側と静岡県側とで大きく異なり、
山梨県側は導流堤や洞門といった対落石防衛システムを数多く導入している一方で、
静岡県側は良く言えば自然に手を加えない、悪く言えば放置している状況にあります。

この差異は1980年に吉田口で起きた富士山大規模落石事故(12人が死亡、29人が重軽傷)の経験の有無によるものですが、
いずれにせよ富士山は火山。
火山の岩はもろく、登山中、下山中どちらの局面においても落石への備えが必要です。

万が一落石が生じた際には、その方向を避け、洞門(シェルター)または丘状地へと退避することが重要です。
重力的に丘状地に落石がのぼってくる可能性は低く、安全性が高まります。
※静岡県側・富士宮ルートは山頂火口の最新噴火(2200年前)の流出物の上に登山道を開いているため、比較的安全性の高いルートです。

c0124076_10145484.jpg

無人の花小屋(標高2,700m)。
当然ながら、どこの山小屋も開いておりません。
骨組みだけのベンチ、きつく閉じられた雨戸を横目に見ながら、通過していきます。

開山期の富士山のメインルートは山梨県側の吉田口ルートですが、
残雪期の富士山のメインルートは静岡県側の富士宮口ルートです。
ヤマレコなどの報告を見ていても8割方が富士宮ルート。
オンシーズンの登山客の6割を集めるという吉田ルートを越える割合です。
これは何故かといいますと、駐車場の問題が大きいかと思われます。

富士宮口五合目駐車場は、一般道でアクセスが出来、夜間を含めていつでも駐車が可能であることに対し、
吉田口へのアクセス拠点・富士スバルライン五合目駐車場は、有料道でのアクセスが必要で、夜間など駐車時間に制限があります。
そのため登山者の多くは、時間を可塑的に利用できる富士宮口登山道を選ぶといった寸法です。

そのせいか、公共交通機関を用いて日帰りを目論む人間は一人もいないらしく、同行一人。
ガスに巻かれた富士の尾根を、一人ぽつねんと進んで行きます。

c0124076_10333985.jpg

七合目を越えた辺りから、岩場が始まりました。
つねに両手を使わねばならない、というほど急峻ではありませんが、
溶岩特有の不規則な削れ方をしており、通行には注意が必要です。
ポールを持った腕を大きく開き、バランスをとりながら通行します。

高度2,840mで気温9度、体感風速3m/s。
雲はどんよりとしていますが、ときおり15m/sはある強風が巻き起こり、身体が揺さぶられます。
流石は富士山。厳冬期には風速30m/sにも達するというのですから、日本最高峰は伊達ではありません。
高度100m上がるごとに気温は0.6度下がることを勘案すると、山頂の気温は2~3℃でしょう。
6月としては比較的温かい方でしょうか。

c0124076_110916.jpg

懸念していた雨は、ほんの少し。
高山で雲に巻かれた場合、最も恐ろしいのは横薙ぎに走ってくる稲妻ですが、雷雲ではなさそうで一安心です。

惜しくも世界自然遺産への登録を逃した富士山ですが、その原因の一つはゴミ問題であると言われています。
老若男女、数多の人が登る弊害と言いましょうか、ポイ捨てをしていく人が一定数出てしまい、環境に悪影響を与えていました。
山開き前の登山道においても、昨シーズンのものか、廃棄物が散見されます。

昨年(平成26年)からは富士山保全協力金制度が始まり、任意の寄付金として環境保全への使用が実施されています。
静岡県の試算によると、一口1,000円の保全協力金のうち、実際に保全に用いることが出来るのは半分の500円。
残り半分は保全協力金の徴収にあたる人件費などに費消される見込みです。
収益率50%と事業効率の低い傾向が気になりますが、運営自体は透明化されており、さらなる改良を期待したいところです。
事前支払いも可能という事で、山梨県側では缶バッチとの引き換えをしてくれるとか。

ともあれ、ゴミをそのままにしておくのは忍びないものです。
為さぬ善より為す偽善。
拾える程度のものは拾って、山頂へと向かうことにしました。

c0124076_162472.jpg

12時10分、八合目太子館(標高3,100m)。
その昔、聖徳太子が名馬・甲斐の黒駒に乗って富士山を登った際に、この辺りで休息をとったという伝承から名付けられた山小屋です。
富士山の山小屋の中でも寝床の評判が良く(各人に一つの寝袋が貸与)、食事もきちんとしているとか。

厩戸皇子ではありませんが、この辺りは確かに休憩適地。
五合目と頂上の中間に位置し、これからはじまる本八合目からの急登に備えて英気を養うことが出来ます。
日本では富士山にしか存在しない高度3,200m以上の世界。
ケッペンの気候区分ではチベット高原に並び、ツンドラ気候に分類される領域です。
私にとっては未知の世界。
息を整えて、5分ばかり休憩をとります。
カロリーメイトと水を摂取。

さて出発しましょう。
c0124076_16425782.jpg


蓬莱館を通過すると、亀岩が姿を現します。
c0124076_16474531.jpg

霧のなかに煙る光景は、中世の城郭を思わせるものがあります。
手前の導流堤と相俟って、兵庫県の竹田城跡の様です。

c0124076_1652454.jpg

風が強く吹くと、雲が散らされ、青空が見え隠れします。
広大な残雪。6月の富士ならではの絶景です。

c0124076_17445618.jpg

ぐいぐいと高度を上げていきます。
ビュー、と風が吹いて本八合目(標高3,400m)が顕れました。
結構な傾斜角で夏道が続いています。

c0124076_17483582.jpg

12時45分、御来光館(八合五勺、標高3,450m)。
ついに雲海を抜けました。
青と白の境界線を見晴かす。
気温は5℃。
風は強く、眼前の雲は目まぐるしく形を変えていきます。

吉田口頂上まで、残すところ標高差260m。
ミッドランドスクエア(名古屋)一つ分といった処です。
水平距離は1kmほどですから、直登での傾斜角は15度。
実際にはジグザグに歩行していく為、12度前後の勾配を登っていきます。

c0124076_17582250.jpg

赤茶けた大地。
無人の富士山は荒涼とした雰囲気をたたえており、活火山の表情を露わにしています。
写真奥に見える霞がかった稜線こそが富士山の頂上。
近くに見えるのに、なかなか距離が縮まりません。

切れる息、貯まる乳酸。
落ちる登高速度。
心なしか頭がぼんやりとしてきました。
内臓もチリチリとざわめいている。
間違いない、高度障害(高山病)です。

五合目にバスで到着した後、すぐには出発せず、
30分ほど留まっていたのは高地順応の為でしたが、出てしまったものは仕方がない。
症状が悪化する前に手を打つことにしました。

やることは一つ、休憩です。
高山病は血中酸素濃度の低下により発生する症状ですから、濃度を増加させる必要があります。
まずは水分を十分にとって、血液の通りを改善。
つぎにザックや服のベルトをゆるめ、圧力を緩和させます。
しかる後に非常にゆっくりとストレッチ運動。
意識的に呼吸を深くして、身体を伸ばしていきます。

休憩し始めて10分。
意識はハッキリとし、内臓の違和感も消えました。
登高ペースを下げ、深呼吸をしながら登っていくことにします。

c0124076_18384091.jpg

13時15分、九合目の鳥居(高度3,600m)を通過。
鳥居にはびっしりとお金がねじ込まれています。
人の祈願の凄味を感じる光景です。

八合目以上の富士山の所有権については、17世紀、江戸時代の頃から長らく争いがありましたが、21世紀、平成年間に入ってやっと解決。
登山道を公有地とし、登山道を除く八合目以上の土地を富士山本宮浅間大社の境内地(私有地)とすることで合意が成立しました。
この合意成立が平成16年(2004年)。決定的な証拠となったのが安永8年(1779年)の公文書ですから、大変なロングスパンです。

一方、行政管轄権をめぐっては静岡県・山梨県の両者に対立があり、
さらに環境省と文化庁の綱引きもあり、なかなか解決を見ない様子。
本邦随一の聖地を巡って、相食む人のあさましさ。
ま、それも人なのでしょう。

兎に角。
体力も回復したことですし、山頂を目指します。
c0124076_1914469.jpg

八合五勺の建物(中央左奥)は既にして遠く、眼下には雲海が広がる。

そして最後の鳥居をくぐり。
c0124076_1952789.jpg


世界遺産 富士山頂(吉田口山頂)・久須志神社に到着しました。
c0124076_1993314.jpg

標高3,710m、気温2度。天気は晴れ。
富士山の場合、それぞれの登山道が火口に接する場所(火口縁)をもって山頂とみなし、ここへの到達をもって登頂とみなされます。

だがしかし。
折角の富士登山、お鉢巡りをさせていただき、日本最高地点・剣ヶ峰へと至りたいところです。
時刻は13時35分。上りの速度は通常の1.8倍でした。
下山路の所要時間が3時間15分、これを1.5倍速で歩くとして2時間10分。
終バスの時刻が16時50分ですから、14時40分までに一周を果たせば、日帰り可能な寸法です。
もし日帰りが出来なかった場合でも、ビバーク(緊急野営)装備は持って来ています。
その場合には腰を据えて、じっくり野営すれば良い。

そういった次第で、お鉢巡りをすることにしました。
c0124076_19555452.jpg

お鉢を回り剣ヶ峰へ。写真左奥の尖った岩峰を目指します。
山頂直下、西谷河原側に雪渓が形成されており、これを下るよりは上った方が安全と考えて、反時計回りを選択しました。
コルラ(聖地巡礼)の廻り方としては仏教徒が時計回り、ボン教徒が反時計回りという習わしがあるのですが、今回は安全面からの選択です。
思えば八丈富士でも反時計回りをしており、なにかと反時計回りに縁がある様です。

富士山頂には、火口壁と火口底の標高差で生じる湧き水があるのですが、その一つ小内院・金明水は雪の中。
c0124076_20144425.jpg

しかし、耳を澄ますと「コポコポ」とした音が聞こえ、見えないまでも水の湧き出づる様子が伺えます。

平安時代の官僚・都良香(みやこのよしか、834年-879年)。
この人物は文章博士であったのですが、偉丈夫でもあり、富士山の登山記録(あるいはその聞き書き)を残しています。
彼の「富士山記」によると1,200年前の富士山には火口湖があったそうで、
真ん中に虎のような形の岩があり、ところどころから噴煙が出ていたとか。
火口湖は金明水の様な湧き水によって生まれたのでしょうか、富士山の活発な活動を伝える資料としても興味深い記録です。

c0124076_20322223.jpg

剣ヶ峰が近づいていました。
やはり残雪があります。
真ん中に茶色(岩肌)の筋があり、夏道が露出している様にも見えるけど、どうかしらん。

c0124076_20383725.jpg

ざんねん!夏道は寸断されている!
剣ヶ峰直下のトラバース区間は足を滑らせれば、大内院(火口の底)まで標高差237mを落下する危険区間です。
途中には「富士山記」にも登場した虎岩が露出しており、これに当たれば命はありません。

ストックのスノーバスケットの動きを確認。
雪面を崩さぬ様、踏み跡をトレースしていくことにしました。
雪渓の中盤まで進出。すると、どうでしょう。
一昨日の雨の影響か、6月にしては温かい気温の影響か。
雪が腐りかけています。
一所に留まっていると、左膝まで踏み抜く事態が発生し、流石に慌てました。

傾斜角は30度ほど。
この斜度においてバランスを崩すことは百害あって一利なしです。
即座に右方向に重心を下げ、平衡を復元。
方針を転換し、キックステップを用いて新たな足場をつくりながら進行することにします。
ここまで雪が腐っていると、気にかかるのは雪崩の発生。
出来るだけ手掛かりの多いルートを揃って、トラバース区間を通過しました。

トラバース区間を過ぎれば剣ヶ峯は直ぐそばです。
富士宮口頂上からのルートと合流し、階段を上って1分。
c0124076_21113987.jpg

日本最高峰 富士山剣ヶ峰(標高3,776m)、14時03分着。

下山編へ続く(リンク)
[PR]
by katukiemusubu | 2015-06-20 02:02 | 登山・トレッキング・温泉 | Comments(0)
<< 速攻せよ!富士山日帰り登山6時... 山の「立入禁止」をめぐる法学 >>