ジャンダルム日帰り登山 / 岳沢菱型縦走山行記(前編)

平成27年(2015年)9月23日の山行記録。

深夜バスで上高地入りし、早朝着。
その足で岳沢小屋へと至り、天狗沢を詰めて穂高稜線に達する。
しかるに西穂高岳・奥穂高岳縦走路を用いてジャンダルム・奥穂高岳へ。
その後、吊尾根を経て重太郎新道を下り、上高地へと帰還する。
超健脚者向けルートを行く11時間半の登山ログです。
c0124076_200502.jpg


前編はジャンダルムへの道程。
5時間5分をお送りします。
後編はコチラ。



<はしがき>
c0124076_16462812.jpg

槍・穂高山系に、燦然とその姿を現す怪峰ジャンダルム。
溶結凝灰岩がメインの穂高連峰にあって、岩質を異にする閃緑斑岩が貫入して出来上がった岩峰です。
垂直方向に無数の節理(クラック)が走り、大地の骨がむき出しになったかのようなその形状は、穂高を目指す岳人に畏怖と憧憬をもって語られてきました。

ジャンダルムの標高は3163m。
北アルプスの峰々でも奥穂高岳(3190m)・槍ヶ岳(3180m)に次ぐ第三位の標高を持ち、全国で見ても(山として考えれば)第六位の標高を持つ、日本アルプス屈指の高峰の一つです。
峰へと至るルートはただ一本、西穂高岳・奥穂高岳縦走登山道が通るのみ。

しかしこの西穂高岳・奥穂高岳縦走登山道、いわゆる西奥縦走路こそが難敵で、日本国内最難関の一般登山道として知られるルートなのでした。
私は過去三年間、このルートに挑み、敗退すること実に四回。
シルバーウィークの最終日、ついに雪辱の時が訪れました。

<出発>
c0124076_172933.jpg

9月23日午前5時25分、上高地バスターミナル着。
この日の夜明け(日の出)の時間は5時36分。夜明けまで、あと10分といったところです。
前日夜に新宿発の「さわやか信州号」に乗り込み、ほぼ予定通りの到着となりました。

バスターミナル横の上高地観光センターで、山岳保険(上高地自然を守る会)の印紙を買い求め、登山届に添付して提出。
平成26年(2014年)に始まったばかりの自販機を用いた掛け捨て保険ですが、500円で救助費用まで含めた手厚い保険が受けられるとあって、是非お勧めしたい制度です。
便利な仕組みを設けてくれたアルピコ交通に感謝。

c0124076_1742509.jpg

5時50分、空が白んできました。雲は少なく凱風快晴。
朝食をとり、トイレを済ませ、出発することにします。
梓川沿いに付けられた遊歩道を用い、河童橋へ向かう。

今回予定している岳沢菱型縦走路の標準コースタイムは14時間30分。
一方、上高地発の最終バス(新島々駅行き)は18時出発。
コースタイムを12時間10分以内に抑えて帰還しなければ、日帰り縦走は叶いません。
必要とされる移動速度は通常の1.29倍。休憩時間を考えれば1.5倍は欲しいところです。

問題はルートの難易度です。
岳沢小屋に至る岳沢登山道はともかく、そこからの天狗沢登山道、西奥縦走登山道、吊尾根登山道、重太郎新道(前穂高岳登山道)は全国でも指折りの難ルート揃い。
長野県の登山グレーディング(PDFファイル)によれば、前者二つは「特に条件の厳しい登山ルート」としてレーティングの対象外。
難易度が振り切れています。
後者二つにしても、その技術難易度は5/5と4/5であり、最高クラスの難易度を持つルートです。
難易度が振り切れた登山道二つに、最高級難易度の登山道二つ。
これを繋いで、かつ時間を短縮することは可能なのか、未知数が多いルート編成となりました。

危険度はいかがでしょう?
長野・岐阜両県警の記録を見ていると、四ルート全てにおいて毎年遭難者や怪我人が出ていることは勿論、毎年の様に死亡者が出ています。
それも一人や二人の話ではありません。
その為、もし時間が超過した場合には焦って時間を縮めようとする事はせず、稜線上の小屋(穂高岳山荘)に一泊する事にしました。
日帰り目標の達成も大事ですが、あくまで安全と細心を最優先にして行くことにします。

そうこうする内に河童橋を渡り、対岸へ。
本日の舞台が見えて来ました。
c0124076_18271746.jpg

穂高連峰・岳沢。
今日はこの巨大なカール地形の端から端まで、上から下まで歩ききるのです。
上高地から望む景観の代表格、標高差1,700mに達する強烈な圏谷。
相手取るものとして相対すると、圧倒的な迫力に感じられます。

さあ参りましょう。
帽子をとり、山に一礼。
登山道へと向かいます。

c0124076_18374372.jpg

紅葉の進む岳沢湿原の木道を抜け。

c0124076_18393618.jpg

6時5分、穂高・岳沢登山路入り口から山中に入りました。

<岳沢ルート>
登山路入り口の標高は1,520m。
岳沢小屋の標高が2,170mですから、岳沢登山路の標高差は650mとなります。
ルートの10分の1毎に道標が設置されており、道幅も広く(1.5mくらい)、よく整備された登山道です。
標準所要時間は2時間30分ですが、今回のルートで確実な時間短縮が見込めるのはココだけ。
目一杯速度を上げて進んでいきます。

c0124076_18582523.jpg

6時30分、稜線に日が差してきました。
文字通り雲一つない青空。秋晴れです。
これぞ天恵とばかりに、更に増速して行きます。

一パーティ抜き、二パーティ抜き、三パーティ抜き・・・。
朝に上高地を出たであろう全ての登山パーティを追い越し、岳沢小屋に一番乗りを果たしました。
c0124076_1931231.jpg

午前7時17分、岳沢小屋(標高2,170m)に到着です。
2時間半のコースを1時間12分(2.1倍速)、まずまずの速力と申せましょう。

これで1時間弱を縮めることが出来ました。
縮めるべきコースタイムは2時間20分。
帰りも同程度の速力で詰められれば、これからの菱型縦走は標準速度で良くなります。
とはいえ、帰りは消耗している事が見込まれますから、縦走中も少しは短縮を図りたいところです。

<岳沢小屋にて(往路)>
c0124076_12134229.jpg

小屋のベンチで休憩をしていると、小屋の宿泊者の皆さんが陸続と前穂高岳へ向かって行きました。
6割方がヘルメットを装備。岳沢小屋ではヘルメット貸出もしているそうで良いサービスです。
私も自前のヘルメットを取り出して、かぶる事にします。

フォールディングヘルメット「エーデルリッド マディーロ」。
重量380gと登山用ヘルメットとしては比較的重めですが、それは折り畳み式であるからです。
折りたたみ式のため容積を取らず、その他必須装備と共にザックに入れても20リットルで収まる優れもの。
山行のお守りによく持ち歩いております。
ヘルメットを被っていれば死亡率は格段に下がるので、危険箇所へ赴く際にはお勧めのアイテムです。

岳沢小屋からの景色。
c0124076_12144616.jpg

眼下には堆積平野・上高地を望み、前方には飛騨山脈の山々を望みます。
東には六百山(霞沢岳)がたおやかな山容を見せ、西には焼岳(活火山)が荒々しい噴丘を見せる。
中央に鎮座するのが乗鞍岳。二十三の峰々を従えた堂々たる山体は独立峰の風格があります。

さて、小屋の方に話を伺うと、今日天狗沢ルートへ向かった登山者は現状ゼロとの事でした。
とするとトップを務めることに為ります。
天狗沢ルートは落石の巣、しかも道迷い多発地帯であり、先行者の責任は重大です。
心して懸からねばなりません。

ここで地形図を用いて、本日のルートを見ておきましょう。
下は国土地理院・電子国土webの地図に手を加えたものです。
c0124076_200502.jpg

赤色の太線が本日のルートの概略、黒色の線が登山道です。
天狗のコルへと至る天狗沢ルートは記載が無かった為、書き加えました。
中央にある四角形(菱型)が本日のルートの核心部・岳沢菱型縦走路です。
時計回りに各一辺、天狗沢ルート、西穂奥穂縦走ルート、吊尾根ルート、重太郎新道ルートとなっています。
これを時計回りで周回しようというのです。

最大標高差は1,010mですが、アップダウンが激しく累積標高差は計算困難。
距離は概ね8kmといったところでしょうか。
普通の道を8kmなら何ということは無いのですが、世に名高い難所が8km続くと思うと心拍数が上がってきます。
特にはじめの天狗沢ルートは、落石の影響で毎年ルートが変わるとも言われ、ルートファインディングが肝となりそうです。

<天狗沢ルート>
c0124076_20511788.jpg

そんな天狗沢へ、7時40分出立しました。
取り付き点の看板は小屋の西側(トイレの向こう)に御座います。

看板から少しばかり、樹林帯のジグザグ坂を進むと、コブ沢に出ます。
普段は開けた枯沢ですが、雨天時には水沢と化し徒渉に注意が必要です。
前回の敗退時に懸案となっていた箇所の一つでした。

コブ沢の対岸に出ると道が分岐している様に見えます。
コブ沢右岸沿いを直登する道と、西北西方向にトラバースする道。
しかし直登ルートは偽の道です。数年前にはここに迷い込んで行動不能に陥った遭難者が出ました。
ということでトラバース路を直進。
c0124076_20573116.jpg

草付きも良く、道幅は狭いものの、比較的歩きやすい道です。

ところどころ「お花畑」と称される植物の群生地があり目を楽しませてくれます。
背の高いオオカサモチも目を引くのですが、青い花が可憐。
c0124076_21134150.jpg

何の花かな、と思って顔を近づけると猛毒の植物トリカブトなのでした。
綺麗な花には毒がある、という訳か。

さて、トラバース路はいくつかの枝沢をまたぎつつ、西北西へと徐々に高度を上げていきます。
c0124076_21212285.jpg

ベールを脱ぐ核心部。
上の写真の中央、岩峰と岩峰に挟まれた最低鞍部こそ天狗沢ルートのゴール「天狗のコル」です。
その標高は2,835m。現在、標高2,250mほどですから、おおよそ比高600mの登りとなります。
日差しは強く、抜けるような青空。実に登山日和となりました。

この機を逃してはならじ、と若干速度を上げます。
そして到着。
天狗沢ルート核心部「ガレ場の急登」取付点です。
c0124076_21361193.jpg

・・・まあ、ご覧の通り岩・岩・岩。
ガレにガレており、ところどころ風化がすすんてザレ場(砂礫)になっている箇所も御座います。
極め付きは見ての通りの傾斜角。水平距離1000mで高低差600mを上げますから、勾配角度は31度です。
そんな傾斜の上に見るからに不安定な岩が載っているのですから、落石の巣となるのも宜なるかな。

写真にもありますが、ところどころの岩に白ペンキで「◯」と「→」の誘導表示が出ています。
誘導表示を目で追うと、天狗沢本沢を右に左に、互い違いに登っていくコース取りの様です。
確かに、直登はあまりにも危険。
ここまでガレていると、足場が崩壊するのみならず、落石を発生させて後続者にダメージを与えかねません。
誘導表示を頼りに、天狗沢をジグザグに登ってゆく事にしました。

c0124076_21562728.jpg

誘導表示は真新しく、ガスにでも巻かれない限り、視認性は高いです。
しかし、写真の様に落石に埋もれてしまい、視認できなくなっているものも複数あり。
誘導表示が見出だせない場合は、ある程度の勘所を立てて登り降りする必要があります。

後ろ手(南東方向)に見上げていた明神岳、特に第2峰・明神槍の標高に並びつつあることを感じつつ。
また右手(東方向)に迫る畳岩尾根との距離が狭まり、沢の終端に迫っていることを意識しつつ。
何よりも落石を起こさぬ様にと気を払いつつ、じわりじわりと標高を上げていきます。
歩幅は小さく、浮石を踏んだら一歩下がって、安置を探す。
パズルゲームの様な要領で進んで行きます。

ゲーム感覚でいと楽し。
問題があるとすれば、このゲームは一歩間違うと死に直結するデスゲームであるという点でしょうか。
沢の下部を見下ろすと、既に二組のパーティが核心部への取り付きをはじめておりました。
あまり接近されると、落石発生時に申し訳が立ちません。
そこでケイデンスを上げ、引き離しにかかります。

c0124076_22323819.jpg

逆層スラブ(一枚岩)が特徴的な畳岩尾根に近寄り。

c0124076_223623.jpg

誘導に従いスラブ帯を乗り越えて、極度に足場の悪くなったガレ場を迂回します。
どれくらい足場が悪いかというと、「一歩進む毎に(足場が崩壊して)半歩下がる」レベルです。
迂回路を見つけて下さった方(おそらくは岳沢小屋のスタッフさん)に感謝。

スラブ帯を抜けると、天狗のコルは目の前です。
c0124076_2242823.jpg

最後のガレ場を一気呵成に登り抜けます。
人間の適応力とは恐ろしいもので、何時間もガレ場に居ると、7割程度の確率で浮石を回避できる様になっていました。

<天狗のコル>
9時40分。穂高稜線・天狗のコル(標高2,835m)に到達しました。
所要時間3時間のところ、2時間で突破。

西側へ向けて大きく開けた視界。
笠ヶ岳の縞模様が目にも鮮やかです。
c0124076_2303946.jpg

信州大学の原山智教授の学説によれば、この縞模様は白亜紀末に起きた複数回の噴火により形成されたもので、火砕流堆積物と溶岩のミルフィーユ(積層構造)なのだとか。
恐竜の時代を終わらせた火山跡が隆起して、いま目の前にあるのです。
いわば、地球の年輪と申せましょう。

目を東側に転じると、雲海の向こうに富士山が望まれました。
c0124076_2384585.jpg

こちらは更新世に出来た比較的新しい火山。
穂高岳自体も巨大なカルデラに堆積した火山由来の岩石が隆起して出来上がったという研究があり、げに日本は火山列島です。

天狗のコルの避難小屋跡ですが、現在はこんな様子。
c0124076_23173742.jpg

ところどころ風化が進んでおりますが、壁の石垣は健在であり、テントやツエルトを張ってビバークを試みる分には、良い風避けとなってくれそうです。
とはいえ四人も寝れば満員と思われます。

視線を下に転じると、登ってきた天狗沢の急坂が。
c0124076_23222036.jpg

前回は天狗のコルの直下50mで撤退を決意しましたが、登るよりも下るほうが難しいルートです。
足場の確保が困難なため、落石と一緒に流れ下る様な形となってしまい、岩雪崩のリスクもあります。
前回の撤退時には岩角に登山靴がぶつかり、靴そのものに穴が空いてしまいました。

紅葉が随分と進んでおり、上部の植物は黄色に色付いています。
一方、上高地の大正池方面はまだ青々としており、もう二・三週間かかりそうです。

コルには私の他に休憩者が一人。
朝、穂高岳山荘を発って天狗のコルまでお越しになったそうで、これから天狗沢を下る予定とのこと。
お互いのルート情報を交換し、「良い旅を!」と別れました。

<西穂・奥穂縦走ルート コブ尾根の頭へ>
さあ穂高稜線に達し、作戦は第二段階へと移行します。
四年来の夢、西奥縦走路のはじまりです。
畳岩尾根の頭を経て、コブ尾根の頭(標高3,130m)へと至る標高差300mの登りがその端緒を飾ります。
c0124076_23382227.jpg

天気は晴れ。遥かに伸びるスカイライン。
ゆけ、天上の頂へ!
9時50分、日本最難関の登山道を巡る旅がはじまりました。

天狗のコルからコブ尾根の頭へと至る登りは、ゴツゴツとした岩稜帯の急登路です。
急登と言っても単調な登りではなく、不規則に生える岩峰を迂回したり直登したりしながらの複雑な登りとなります。
c0124076_12283077.jpg

背びれの生えた怪獣の背中を登っている様な、言うなればゴジラの背を行くルートです。

「これで行けるかな?」と或る岩峰を直登してみると、断崖絶壁に直面して「Oh...」と呟きながら引き返す羽目に陥ったり。
逆にルンゼ(岩壁上にある岩溝)に鎖が設置されるのを見て「これなら行ける!」と登りつめると、その先のルートが崩落していたり。
天狗沢に続きルートファインディングが肝となる登高路です。

はじめ天狗のコルから見上げた鋭鋒を「コブ尾根の頭」だと認識していたのですが、
いざ峰の頂上に立ってみるとそこは中間地点の「畳岩尾根の頭」で、
ナイフリッジを介して「コブ尾根の頭」へと至る急登が見えた時には崩折れそうになりました。

ところどころ黄色や白色のペンキで進路表示が為されているのですが、かなり薄くなっているため視認性は良くありません。
また岩苔と一体化して見えなくなっている部分もありました。
そもそも山と高原地図に「岩稜経験者のみ」のルートと称される西奥縦走路ですから、進路誘導があるだけでも有難いことです。
見える分は用いて、出来るだけ踏み固められた道を進んでゆきます。
なおジャンダルム以降のルート表示は大変分かりやすく、ほぼ迷うことはありませんでした。

平均傾斜角30度、岩の迷路の中をよじ登り、進んでゆきます。
途中には両側がすっぱりと切れ落ちたナイフリッジの通過区間もあり、高所恐怖症には辛いところです。
コブ尾根の頭までに登場したナイフリッジは二区間。
それぞれ5mと10mほどの長さですが、前者は足場が見つけづらく通過に難航しました。
通過中に下を見ると、飛騨側は新穂高・右俣谷まで、信州側は上高地・梓川まで綺麗に遮蔽物がありません。

最大落差1km超。
足を踏み外すと重力と空気抵抗の釣り合う終端速度(時速300km)まで加速し、地面と激突することになります。
もちろん五体満足では居られません。
打ちどころが悪ければ死亡、最悪の場合は岩峰にぶつかりながらの落下(滑落)となり、ミンチになるまで分解されてしまいます。
そればかりは何としても避けたい処。
岩肌に貼り付く様にして、四つん這いで通行します。

その後も行き止まり(オーバーハングした岩壁)に直面したり、トラバース先が切れ落ちていたり。
道に迷った時の鉄則は、分かる地点まで戻って道標や踏み跡を探すことです。
西穂・奥穂の縦走路はテクニカルルートとはいえ、決して人の通らないルートではなく、必ず痕跡があるはずです。
これを見出して追跡していきます。

斜度30度。手を使わずとも登れなくは無いですが、安全のため三点支持で進行します。
いつの間にか高度を上げ、南をみると西穂高岳(標高2,908m)を眼下に収める様になっておりました。
c0124076_139050.jpg

左から乗鞍岳(3,026m)、焼岳(2,455m)、西穂高岳。
現在高度は3,000m。
間もなく乗鞍岳の標高を越えようとしています。
紅葉の絨毯が山の中腹を彩っており、目にも鮮やかです。

信濃方面。
c0124076_13245724.jpg


飛騨方面。
c0124076_13255341.jpg


狭い岩尾根を左右に動きながら、不規則な岩峰をよじ登り、時には避け、コブ尾根の頭を目指します。
10時35分ごろ、コブ尾根の頭の取り付き点に到着です。
c0124076_13395767.jpg

頭上に迫るオーバーハング気味の大岩(しかも節理入り!)を意識しながら、足場に気をつけて登っていきます。
慎重に慎重を重ねて、登攀。

<西穂・奥穂縦走 ジャンダルムへ>
10時45分、コブ尾根の頭に到着しました。
いままでコブ尾根に閉ざされていた北方の展望が開け、360度の展望が得られます。
c0124076_13442999.jpg

遠くに望む槍ヶ岳。手前に聳えるジャンダルム。
三角錐の鋭鋒とドーム型の岩稜。
まさに穂高連峰の穂高連峰たる景色です。

コブ尾根の頭には休憩を取っているパーティが一組。
親子で西穂山荘から登ってみえたそうで、これから奥穂高岳へ向かうとのことでした。
お父さんは経験豊かな様子。
ジャンダルムの登りは如何でしょう?と伺うと、鎖場さえ登ってしまえば、あとは足場がしっかりしており登り易いとのこと。
疲労困憊、コブ尾根の頭で大休止を取ろうかと考えておりましたが、ジャンダルムまで進出することにします。

見ると、ジャンダルムの頂上には二人の人。
我も続け、とばかりに取り付きにかかります。
コブ尾根の頭から10mほど下降し、鞍部に降り立つ。
目の前には二段の鎖場。
c0124076_1434127.jpg

ジャンダルムへの登攀路は三つ御座いまして、一つは奥穂高側からの直登ルート(危険度大)ですので今回は採りません。
もう二つは西穂高側、写真の鎖場を登った先にあります。
チェーンは二段に別れており、登攀には二段とも登る必要があります。
一段目からは奥穂高岳側へと抜けるジャンダルムトラバース路(西奥縦走路)が分岐していますが、これは後から通ることにして、まずは頂上を目指します。

西穂高側からの登坂路は、鎖場上のテラスから若干飛騨側にトラバースして入るものと、大きく飛騨側にトラバースして入るものの二種類です。
一般に前者が危険度中、後者が危険度小と言われていますが、見たところあまり変わらない様に見えたため前者を選択しました。
どのルートも指示誘導はないのですが、踏み跡がジグザグに設けられているため、それなりに岩稜帯歩きをなさる方なら見分けられるものと思われます。
足場はしっかりしており歩き易いのですが、時折り浮石があり落石に注意が必要です。
私も2mほどの板状の岩を落としかけ、慌てて安全位置に動かしました。

ものの10分ほどで登攀終了。
10時55分、ジャンダルム頂上に到着です。
c0124076_14174734.jpg

陽光に照らされた位置表示板。
心なしか「ジャンダルムの天使」も微笑んでいる様に見えました。

憧れの頂はいま、ここに。

後編:日帰り奥穂高岳・日帰り吊尾根へ続く
[PR]
by katukiemusubu | 2015-09-27 18:56 | 登山・トレッキング・温泉 | Comments(0)
<< ジャンダルム→奥穂高岳→吊尾根... 18禁!永青文庫 春画展 訪問... >>