東京大福紀行5 「丸万(西新橋)」の大福

港区西新橋「丸万」にて購入。
お値段税込み150円也。



c0124076_22401786.jpg

正式名称は「諸官庁御用達 御菓子司 丸万」。
昭和22年(1947年)の創業以来、霞が関や虎ノ門に程近い西新橋に店を構える和菓子舗です。
名物は第一回全国菓子工芸展で金杯を受賞した「栗饅頭」(税込み160円)。
諸官庁御用達の名は伊達ではなく、某省で仕事をしていた時、何度かおもたせで使用しました。
大福も含め、餡は全て自家製餡を使用。

そのお味はどうか、と言うと・・・。
皮(餅生地)はしっとりとして、柔らかな食感。
舌触りが素晴らしく滑らかに解けてゆく。
餡はつぶあん。適度に残された豆の粒。
余韻は長く、深い甘味。
粒の香味が甘さにアクセントを添える。

総じて馴染みがよく、非常に均整が取れている。
餅と餡だけで、十二分な美味しさを持ち得ています。
シンプル・イズ・ベスト。

総合点87点/100点。
日持ちは一日(当日限り)。
[PR]
by katukiemusubu | 2015-11-18 21:48 | 東京大福紀行 | Comments(0)
<< 東京大福紀行6 「虎ノ門岡埜栄... 銀座「さとう」の元祖丸メンチカ... >>