東京大福紀行8 「岡埜栄泉総本家(大丸東京店)」の極・抹茶大福

八重洲「岡埜栄泉総本家(おかのえいせんそうほんけ)」大丸東京店にて購入。
お値段税込み220円也。




c0124076_1140209.jpg

豆大福の老舗、岡埜栄泉総本家。
このお店は上野駅前の本店のほかに、東京駅八重洲口の大丸百貨店内B1Fに支店を持っています。
その大丸東京店限定のメニューが今回ご紹介する「極 抹茶大福(きわみ まっちゃだいふく)」です。

早ければ昼ごろには売り切れてしまう人気の商品ですが、
電話で取り置き予約することも可能で、遠方からお買い求めの際には予約がお勧めです。

岡埜栄泉らしい大振りな造形に、たっぷり振られた緑の抹茶粉。
開封した時からお茶の良い香りが辺り一帯に広がります。
そのお味はどうか、と言うと・・・。

軽く塩味を感じる抹茶色の餅生地(皮)。
定番品の豆大福に比べると塩気は控えめ。
その分、餅に練りこまれた抹茶の風味が際立つ。
甘く、苦く、余韻のある仕上がり。
餡は甘さ控えめのつぶあん。大粒であり大納言小豆と思しい。
その控えめな甘さが、抹茶の香りを再び引き立たせる。

一口の間に抹茶の風味が幾度もリフレインされる面白い構成。
まさに抹茶が主役。「極み抹茶大福」の名に恥じない出来栄えです。

総合点85点/100点。
日持ちは2日間(購入翌日まで)。
[PR]
by katukiemusubu | 2015-12-03 11:41 | 東京大福紀行 | Comments(0)
<< 温泉雑感「単純温泉は質が低いか?」 東京大福紀行7 「追分だんご本... >>