<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

エプソン MOVERIO(モベリオ)BT-100 レビュー (六本木ヒルズ先行展示)

2011年は後に、「ヘッドマウントディスプレイ仕切り直しの年」と言われるかも知れません。
11月11日には、世界初の有機EL採用HMD、SONY HMZ-T1が発売されました。
一方、独カールツァイス社からは同じく有機EL採用のCinemizer OLEDが発表、
米SiliconMicroDisplay社からは液晶ながらフルHD(1080p)対応のST1080が発表されています。
これら欧米の二つは発売日時も発売価格も未定ですが、
諸社から次々とHMDが発表されるこの状況は、HMDが隆盛した90年代末〜00年代初頭を思わせるものが有ります。

そうこうする内に、日本から新たなHMDが発売されました。
今度のヘッドマウントディスプレイは、信州・諏訪から。セイコーエプソン社、MOVERIO(モベリオ)BT-100です。
発売は11月25日、価格は公式通販(EPSON Direct)で59,980円。
民生機としては世界初のシースルーモバイルビューワーとなります。
※独立型として。接続型としてはグラストロンPLM-A55(1998)があります。
早速見てきましたのでレビューをして行きましょう。

More
[PR]
by katukiemusubu | 2011-11-12 15:58 | ヘッドマウントディスプレイ | Comments(1)

てんや×ふじ好×神田天丼家 神保町天ぷら戦争

秋は何をするにも適した時期ですが、やはり千代田区界隈では読書の秋。
神保町にて神田古本まつりが11月3日まで開催中です。
神保さんといえば、大阪夏の陣でどこか奥州の騎馬鉄砲隊(味方)に鉄砲を撃ちかけられて、部隊が壊滅、
一度は大身旗本としての断絶を経験した富山の勢力ですが、この一族の末裔が幕臣として住んでいたことから「神保町」の名があります。
古本まつりは駿河台下の交差点から、専大前の交差点まで全長約400mにわたり本の市が立ちますが、いまの住所で言う神田神保町とほぼ重なっています。
その中でも専大前交差点は、専修大学にも程近いほか、集英社の本社があったりと、文教地区の香りある界隈です。

さて現在、そんな神保町・専大前交差点周辺は、比較的安価な天ぷら屋が軒を重ねて競いあう、天丼激戦区となっています。
交差点を中心とした150m圏内に、天ぷら屋が三件もある始末。コンビニよりも数多く何とも過密なものです。
今回は、その全ての定番天丼を大盛り・味噌汁付きで注文し、レビューしてみました。
需要があるかは分かりませんが、お昼の参考にでもなれば幸いです。

More
[PR]
by katukiemusubu | 2011-11-02 02:28 | B級グルメ | Comments(0)