人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【レビュー】秩父ウイスキー祭2019 限定ボトル2種(イチローズモルト)

感想と評価。
第六回秩父ウイスキー祭 限定ボトル(記念ボトル)のレビューです。

Review: Ichiro's Malt Chichibu Whisk(e)y Festival 2019 Limited Bottle (SingleMalt & Blended whisky)




 【レビュー】秩父ウイスキー祭2019 限定ボトル2種(イチローズモルト)_c0124076_08444166.jpg
❮スペック❯
・2019年の記念ボトルは、なんと二種類登場!
・白ワインカスク(カスクストレングス)とブレンデッドです。
・恒例のシングルモルトウイスキーに加え、後熟のブレンデッドウイスキーがお目見えとなりました。


・白ワインカスク(White Wine Cask)は2009年6月蒸留の2018年12月樽詰。
・オフィシャルの出荷としては最長となる9年(6ヶ月)熟成のシングルモルトウイスキーです。
・カスクナンバーは#2352 、大麦の種類はTipple種。
・カスクストレングスらしくアルコール度数は63.1%と高く、限定本数は245本でした。
・価格は1万6千円(税込)。


・一方のブレンデッドウイスキーは白ラベル(イチローズモルト&グレーン)を後熟させたもの。
・カスクナンバー#5298のバーボンバレルを使用して後熟(フィニッシュ)を行っております。
・アルコール度数は通常の白ラベルを遥かに越える58.4%です。
・限定本数は244本とのことでした。
・価格は1万円(税込)。


❮ティスティングノート❯

白ワインカスク(シングルモルト・カスクストレングス)
 【レビュー】秩父ウイスキー祭2019 限定ボトル2種(イチローズモルト)_c0124076_08444159.jpg
・光沢感あるゴールデンブラウンの水色。
・上立ちは、シャルドネの白ワインを思わせる清涼感のある果実香。
・非常に甘く、細やか。マスカテルフレーバーがある。
・そこにモルティな甘い芳香が加わり、複雑ながらも軽妙。

・口当たりは思いのほか力強い。さすがはカスクストレングス。
・ピリピリとする酒精感をしばし転がすと、苦味のヒントが現れ、メインの味わいへと移行する。
・カベルネ・フランを思わせるがっしりとした果実香が基調香となり、焦がした樽のバニリックな面持ちもある。
・特筆すべきはその味わいで、すぐれたテクスチャ感を有している。
・どっしりした麦の旨味と甘味が基層をなし、そこに果実系の甘さが加わる。
・果実系の甘さは芳醇で、マスカット、ライチ、龍眼、そして(果実ではないが)ラベンダー。
・さらに熟成木香が乗り、穀物・果実・木質の見事な三重奏を奏でている。

・余韻はかなり長い。
・樹液、加熱前のメープルシロップを思わせる木質の甘い含み香。
・これに、リースリングを思わせるこっくりとした果実系の甘味と樽感が相乗されて長く続く。
・心地よいブドウの香りが喉をぬけてゆく。
・加水すると麦感が強まり、前へ出てくる。ブドウ(白ワイン樽)の果実感は後景にひく。
・樽の個性が良く表現されつつも、素材に忠実なだけではない。蒸留酒ならではの魅力をも併せ持った一品でした。


ブレンデッド(モルト&グレーン バーボンバレルフィニッシュ)
シングルカスク ワールドブレンデッドウイスキー(Single Cask World Blended Whisky)
 【レビュー】秩父ウイスキー祭2019 限定ボトル2種(イチローズモルト)_c0124076_08444096.jpg
・かろやかな琥珀色の水色。
・上立ちは、非常にまとまりが良く、甘く朗らか。
・リンゴを思わせるフルーティな香りとブレンデッドならではの穀物の甘い香りが調和する。

・口当たりはふくよかで切れがよい。
・相反する要素が破綻なくまとまっており、ブレンダーの腕前を感じさせられる。

・上質なブランデーを思わせるリッチな基調香。プルーンと洋梨のニュアンス。
・含蜜糖を連想させるミネラル感。ほんのすこし硫化水素の風味がある。
・ブレンドの時点でシェリー樽熟成原酒を使用しているのではないか。
・こっくりとした穀物の甘味と旨味。バターを思わせる脂肪感。
・やさしいタンニンの苦味がフルボディな味わいを演出する。
・濃く重い。しかし雑味はなく調和が取れている。

・余韻は比較的長い。
・貴腐ぶどうを思わせる果実の含み香、線香を思わせる煙香がやわらかく続く。
・加水するとバーボン樽らしいバニラ感があらわれ、かすかな酸味が顔をだす。
・乳脂肪感は健在で良質なレモンタルトの様。
・ゆるやかな焙煎感がたおやかに続く。

❮総評❯
・驚くほどドリンカビリティに優れた白ワイン樽熟成原酒。
・通常の白ラベルを凌駕する飲み応えをもったブレンデッド。

・いずれも魅力的で秩父蒸留所の10周年を言祝ぐにふさわしいウイスキーでした。
・とりわけ白ワインカスクの重奏的な味わいは印象的で、個人的にはWWA2017で世界一を得た2017年限定ボトルに比肩する味わいに思われました。

・関連リンク:秩父蒸留所見学記

by katukiemusubu | 2019-02-16 23:06 | 生活一般・酒類・ウイスキー
<< シェリーカスク(シェリー樽)に... 竹澤慶人とは何者か 藝大卒展「... >>