人気ブログランキング |

【レビュー】秩父ウイスキー祭2020 限定ボトル2種(イチローズモルト 祭ボトル)

感想と評価。
2020年(令和2年)開催 第七回秩父ウイスキー祭 限定ボトル(記念ボトル/祭ボトル)のレビューです。

Review: Ichiro's Malt Chichibu Whisk(e)y Festival 2020 Limited Bottle (SingleMalt & Blended whisky)





 【レビュー】秩父ウイスキー祭2020 限定ボトル2種(イチローズモルト 祭ボトル)_c0124076_07393050.jpg
❮スペック❯
2019年に引き続き、2020年第7回秩父ウイスキー祭のイチローズモルト記念ボトルも二種類登場!
・更にウイスキー祭実行委員会とRudder(信濃屋の北梶氏)のコラボにより、第二の祭コラボ・ジャパニーズウイスキーとしてマルス信州蒸留所の「駒ヶ岳2013 ベリー・ベリー・ライトリーピーテッド」が発表されました。

・イチローズモルトから出品されるのは カスク(カスクストレングス)とブレンデッドの二種類です。
・恒例のシングルカスク・シングルモルトウイスキーに加え、シングルカスク熟成のブレンデッドウイスキーが再びのお目見えとなりました。

 【レビュー】秩父ウイスキー祭2020 限定ボトル2種(イチローズモルト 祭ボトル)_c0124076_07395718.jpg
・リフィルホグスヘッドカスクのシングルモルト・シングルカスクsingle caskは2010年7月蒸留の2019年11月樽詰。
・9年2ヶ月の熟成です。
・カスクナンバーは#972 、大麦の種類はTipple種。
・カスクストレングスらしくアルコール度数は61.6%と高く、限定本数は215本でした。

 【レビュー】秩父ウイスキー祭2020 限定ボトル2種(イチローズモルト 祭ボトル)_c0124076_07394766.jpg
・一方のブレンデッドウイスキーは白ラベル(イチローズモルト&グレーン)を後熟させたもの。
・カスクナンバー#7256のT5ワインカスクを使用して後熟(フィニッシュ)を行っております。
・アルコール度数は通常の白ラベルを遥かに越える58.6%です。
・限定本数は293本とのことでした。

・ではティスティングノートへ参りましょう。


❮ティスティングノート❯

リフィル・ホグスヘッドカスク(シングルモルト・カスクストレングス)
Refill Hogshead
 【レビュー】秩父ウイスキー祭2020 限定ボトル2種(イチローズモルト 祭ボトル)_c0124076_07401060.jpg
・わずかにオレンジがかった淡い黄緑の水色。
・秋口に咲くキンモクセイの花を思わせる。
・熟成は9年だが、その熟成感からイメージされる水色に比較すると薄め。

・それもそのはず、今回の熟成樽はリフィル・ホグスヘッド樽である。
・すでに何度かのウイスキー熟成に用いた樽、しかも容量250リットルほどの小ぶりな樽に新酒を詰め、9年間寝かせたものなのだ。

・当然ながらシェリー樽へのファーストフィルのような爆発的な樽の影響は無くなり、代わりに、ベテランの樽ならではの「こなれた」熟成が期待される。

・オレンジピールやマスカットを思わせる清潔な上立ち香。
・華やかでフレッシュな面持ちがある。

・口当たりは滑らかで、つきぬけるトーンを持っている。
・パイプオルガンの様にふくよかで広がりのある味わいだ。
・明瞭なモルトの味わいを、木質の残響が縁取っていく。

・60度超というアルコールらしい酒精感がありながら、それでいてオフフレーバーはなく突き抜けていく。
・以前の樽詰ウイスキーの残り香であろうか、ハッとさせられる熟成感がときおり顔を出す。

・基調香はモルティかつバニリック。
・イメージとしてはモルト・バニラ・シトラス・紫檀、やはり麦。
・洗練されきったニューポットという印象がある。

・舌でころがすと円やかなタルトのニュアンスがある。

・余韻は始めに厚く、後に長い。
・40度程度まで加水すると樽香の素晴らしいリフレインが楽しめる。

・麦と木。それを結びつける火。シンプルがゆえに美しいウイスキー。


ブレンデッド(イチローズモルト&グレーン フィニッシュ)
シングルカスク ワールドブレンデッドウイスキー(Single Cask World Blended Whisky)
 【レビュー】秩父ウイスキー祭2020 限定ボトル2種(イチローズモルト 祭ボトル)_c0124076_07400244.jpg
・淡く朱に色づいた水色。
・シェリー樽熟成を思わせるブドウ系の上立ち香がある。

・口当たりはハードで、輪郭を伴って入ってくる。
・力強いタンニンの苦味と熟した果実の基調香。
・チャーされた炭の返り香。
・余韻にはゆるやかな煙香が潜む。

・全体的に固い印象で、味わいや香りはあまり伸びない。

・本領が発揮されるのは、加水してからである。
・上立ち香が和らぎ、口当たりも柔らかくなる。

・フルーツビネガーらしき酸味とふんわりと柔らかい甘さ。
・軽やかなトロミを帯び、どこに隠れていたのかクリームのような乳脂肪感が現れる。

・炭一辺倒なニュアンスは払呈され、しっかりとした木質が香る。
・余韻はクリーミーかつフルーティ。
・マンゴーやベリーの含み香。

・加水前の「運命」の様な勇壮さは後景に引き、優雅な風味が楽しめる。

❮総評❯

・関連リンク:秩父蒸留所見学記

by katukiemusubu | 2020-02-16 10:36 | 生活一般・酒類・ウイスキー | Comments(0)
<< 【レビュー】戸河内ウイスキー ... ジャパニーズウイスキーの終売・... >>